ホーム > 三島のブログ一覧 > 「あ次亭」の記事一覧

三島のブログ一覧

「あ次亭」の記事一覧

投稿日時:2018年7月15日 20:26:15

Amazonは価格設定が巧みで、売れ筋はすぐに値上がりして、そうでないものの価格は下がります。 ギター弦をチェックしたら、サバレスCantigaは、1弦2弦がニュークリスタル(ナイロン)で3弦がアリアンス(フロロ・カーボン)の組み合わせで人気のCREATIONが最も高価で、ニュークリスタルだけのセットやアリアンスだけのセットよりも高価になっていました。 そこで考えたのですが、最安値のニュークリスタルのセットを10組(じゃなくてもいいけど、ペイするのは6組以上くらいかな)と、シーガーを買うというアイデアはどうでしょう。

ポスター

投稿日時:2018年7月12日 21:09:26

黄瀬川ギターコンサートのポスターとチラシができました。 掲示や配布にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、14日午後に長泉町南部地区センター(つまり、黄瀬川ギターサロンの場)にご足労いただければ幸いです。

神奈川ギター協会会員によるサマーフェスティバル

投稿日時:2018年7月8日 20:10:15

本来ならばお手伝いをしなければならなかったところですが、しゃあしゃあと聴衆に収まってきました。 すごく面白かったです。 編成はソロ、2重奏、3重奏、4重奏、フルート+ギター、声楽+ギター、ギター合奏と多様。曲もソル、タレガ、バリオスなどのギターオリジナルやクラシックの編曲ものからポピュラーまで多彩。 そして出演者はほぼ全員が神奈川ギター協会の会員の先生方ですから、当然ながらアマチュア中心のイベントとはレベルが違います。 そんな中で個人的に特に感動した演奏をひとつだけ挙げさせていただくと、新井三夫先生 ...

飛び道具

投稿日時:2018年6月24日 22:01:31

小型ドローンを路線バスにぶつけて逃げたやつがいたそうで、そんなことされると真面目に遊んでいる人まで怪しい目で見られちゃいますよね。 ・・・というわけで、私もドローンを飛ばしてみました。 もちろん航空法とかの規制対象ではない超小型のおもちゃドローンです。それでも自分なりのルールとマナーを決めて、誰もいない公園で、なおかつ、怪しい人と思われないようにカミさんにも付き合ってもらって、おそるおそる飛ばした次第です。 で、これが面白い! 動画、貼れるかなあ。 ダウンロードは🎥 こちら 初心者向けの簡単モー ...

プラテーロとわたしと私

投稿日時:2018年6月16日 11:17:17

この2年間にカステルヌオーヴォ=テデスコの傑作「プラテーロとわたし」の演奏と朗読の公演を何度か聴いています。 最初に聴いたのが2016年5月に大萩康司さんのギターと波多野睦美さん(メゾソプラノ)の朗読による全曲演奏でした。次はその年の秋だったか(と思って調べたらすぐ翌月でした^^;;;)、銀座のヤマハホールで宮下祥子さんのギターと駒ヶ嶺ゆかりさん(メゾソプラノ)の朗読でした。そして先日(2018年6月14日)、益田正洋さんのギターと斉藤とも子さん(女優)の朗読を聴いてきました。 それぞれに特徴があって面白かったの ...

電車で席を譲られたの巻

投稿日時:2018年4月21日 0:47:51

いつかそんな日が来るだろうと漠然と思ってはいましたが、それが思わぬ形で現れました。 東神奈川駅で横浜線から京浜東北線に乗り換え、さほど混んでいない車内でつり革につかまったところで、目の前の人が席を立ち、私に座るよう促してきました。席を譲ってくれようとしたのは、明らかにアジア系ではない外国人の、10代後半と思われる女の子でした。 ひと駅区間だけ乗車の私は、「すぐに降りるのでご心配をいただくには及ばない」旨を伝える意図で、"Never mind. I'll get off soon. Thank you." と言ったのですが、通じたかどうか。とも ...

フォーカル・ジストニア事情(その5)

投稿日時:2018年4月1日 0:06:26

久しぶりにフォーカル・ジストニアについて。 ・・・というか、関連があるかどうか、本当のところは分かっていないのですが。 ■脱力できない ギター演奏に際して脱力が大事だとはよく言われることですが、全く力を入れないでは弾弦もできないわけで、脱力の意味するところは「必要最小限の力を使い、無駄な力は入れないこと」なのだろうと思います。 私は確かに無駄な力をいっぱい使ってきているようです。レッスンでは先生に何度も注意されました。ギターを弾く時だけでなく、歯医者さんから指摘されたこともあります。「歯の表面が全体 ...

4月以降も大学生

投稿日時:2018年3月18日 22:11:03

無事に「西洋音楽史」2単位をゲットしたことに気をよくして、4月以降も放送大学の学生を続けることにしました。 今度履修を目指すのは、「著作権法」と「『方丈記』と『徒然草』」です。 「著作権法」は何が許されて何が違法かという実用的な知識もさることながら、そもそも著作権の存在意義みたいなものを知りたいと思っています。 『徒然草』は大学の受験勉強以来です。難しすぎる『源氏物語』は入試には出ないだろう、出るのは『ナントカ鏡』か『徒然草』のあたりだろうとテキトーな予想をしていました。だけど結局『ナントカ鏡』も ...

2単位

投稿日時:2018年2月17日 0:17:52

以前書いたとおり 、私は放送大学で一科目だけを学ぶ学生なんですが、一生懸命勉強をした甲斐がありまして、先日行われた単位認定試験に合格しました。しかも最優等の「マルA」です。 とか言うものの、試験はとても易しくて、教科書・ノートの持ち込みも可でしたので、マークシートのつけ間違いでもしなければ不合格になるほうが難しかろうというものでした。 でもまあ、ともかく、文部科学省が認可する正式の大学で「西洋音楽史」を修めたことにはなりました。めでたい。 来期もなにか履修しようと目論んでいます。

フォーカル・ジストニア事情(その4)

投稿日時:2018年2月4日 22:57:38

今日は息抜きにおバカなことを書こうと思います。以下のことは私の勝手な想像、希望、あるいはほとんど妄想・妄言ですから、決して真に受けないようにお願いいたします。 ■頭の良くなるクスリ フォーカル・ジストニアの診断を受けたときに医者から処方された薬があって、アーテン錠というのがそれです。調べてみると、このアーテン錠はアセチルコリンの働きを妨げる作用があるらしい。 で、アセチルコリンが何かというと神経伝達物質、すなわち末端の感覚を脳に伝えたり、脳の指令を体の各部に伝える際に神経繊維相互間でやりとりされる ...

フォーカル・ジストニア事情(その3)

投稿日時:2018年1月28日 22:59:48

■情報源(書籍) フォーカル・ジストニアのことが書かれている本や、直接的な記載はないものの関連ありそうなことが書いてる本をいくつか紹介します。 ほかにもたくさんの書籍があるとは思いますが、私が実際に購入したものだけを取り上げます。 (1) どうして弾けなくなるの? 前書きによれば「演奏家のジストニアに関する日本初の書物」です。2012年に出版されました。内容は、初期症状、原因、診断方法、対処法、闘病記など、広い範囲をカバーしています。出てくる楽器はピアノとギターで大半を占めています。 (2) ピアニストの脳を科 ...

フォーカル・ジストニア事情(その2)

投稿日時:2018年1月21日 15:48:33

私の右手指の障害についてのシリーズ第2弾です。 前回同様、右手の指に以下の記号を使います。 p:親指 i:人差指 m:中指 a:薬指 ch:小指 ■兆候・発症・進行 ちょっと長くなるかもしれませんが、今回は私の右手指の動きがおかしくなってきた経過について書こうと思います。 幸いなことに、2010年1月から2015年4月までの間に人様の前でギターを弾いたときの記録 〜曲目と気になったことなど〜 が残っていますので、それを参照しながら当時のことを思い出していくことにします。併せて、フォーカル・ジストニアとは関係ないかもしれ ...

フォーカル・ジストニア事情(その1)

投稿日時:2018年1月16日 23:07:12

今日は会社を休んで、脳のMRIを撮ってもらいました。昨年末から受診してきたいろんな検査とあわせて、ほかに悪いところはないだろうとの診断結果でした。 「ほかに」って? ほかでもないのは「フォーカル・ジストニア」です。私の右手指の動きがおかしいのは「フォーカル・ジストニア」であると、あらためて診断された次第です。 そんなわけで、これから数回にわたってこのことについて書いていこうと思います。 ■症状について 一回目は私の症状がどんな様子なのかについて書きます。 なお、簡単のため右手の指に以下の記号を使います。 ...

謹賀新年

投稿日時:2018年1月1日 8:39:34

明けましておめでとうございます。 本年が皆様にとっていい年となりますようお祈りいたします。 私は昨年、予定どおり、癌の手術から5年目を転移無し再発無しで迎えることができました。健康は本当にありがたいことです。 予定どおりでなかったのは、正社員から嘱託になったわりには仕事が忙しかったこと。まあ、これもこれでありがたいことではあります。 本年も健康に気をつけながら過ごしていきたいと思います。 これからの一年もどうぞよろしくお願いいたします。

裾野から

投稿日時:2017年12月30日 15:33:56

明日明後日は天気が悪いかもしれないと危惧して、晴天のうちに富士山を撮ってきました。 裾野の広がりまで見える姿が好きで、いつも同じ構図の写真ばかりなんですが、撮影場所は初めてのところです。要するに、あちこちからこんな姿が見えるところに住んでいるってことです。

佐藤弘和編曲「サリーガーデン」

投稿日時:2017年12月27日 23:00:24

佐藤弘和先生が編曲されたアイルランド民謡「サリーガーデン」の楽譜を公開しました。 この楽譜は日本ギター合奏連盟主催の「2014年度ソルフェージュ講座」の皆勤賞として、 黒田公子さん 金澤延幸さん 種谷信一さん 加納英夫 の4名に贈られたものですが、我々だけでこの楽譜を保有するのはいかにも惜しく、これを公開して多くの人に弾いてもらいたいと考えました。 そこで、著作権保有者様に公開の許可をお願いしたところ、ご快諾をいただきました。ありがとうございます。 また、著作権保有者様への取り次ぎなどでWさんにお世話になり ...

カレンダー

投稿日時:2017年12月25日 23:37:51

去年の暮れ、宝くじを買ったときに売り場のおねーさんが「カレンダー差し上げますけど、いかがですか」と聞いてきた。 「いや、別に要りません」と答えたら、ちょっと寂しそうな声で「そうですよね。だれも欲しがりませんよね」とか言うから、しょうがないなあ、もらってやるかという気持ちで、「じゃあ、いただきます」ともらって帰った。 ところが、このカレンダーを気に入ってしまった。 表紙を除くと4枚構成。つまり1枚に3ヶ月分のカレンダーが印刷してあって、最初の紙は下から1月、2月、3月。2枚目は下から4月、5月、6月。 ...

第47回神奈川新人ギタリストオーディション

投稿日時:2017年12月23日 10:44:48

「第47回神奈川新人ギタリストオーディション」は2018年6月17日(日)に開催されます。 会場は「杉田劇場」。10年くらい前までは県内各地のホールを転々としていた記憶がありますが、最近はここに落ち着いています。ステージで弾いても客席で聞いていても気持ちのいいホールです。予選から自由曲が弾けるのもいいですよね。ぜひご参加下さい。 いつも「黄瀬川ギターコンサート」を後援してもらっているので、たまには協会の仕事もしないと・・・^^;

忠臣蔵の「蔵」

投稿日時:2017年12月15日 0:12:09

また今年も、忠臣蔵の「蔵」とは何かを考える日がやってきました。 今日は、最近わりと気に入っている説を開陳いたします。 まずは、好きな民謡のひとつで『南部俵積み唄』(なんぶたわらつみうた)の一節。 ハアー この家旦那様は 俵積みが大好きで ・・・ ハアー この家旦那様の お屋敷をば見てやれば 倉の数が四十八 コラ いろは倉とはこのことだ ここに「いろは倉」という言葉が出てきます。「い」「ろ」「は」と記号をつけないと管理しきれないほどにたくさんの倉が並んでいるんでしょうね。実際「いろは蔵」という複数の蔵の並びが ...

マタイ受難曲

投稿日時:2017年12月11日 0:00:28

ついに、というか やっと、というか ようやく、というか とうとう、というか いまさらながら、というか バッハのマタイ受難曲を聴こうという気になりました。 とはいうものの、だれのどの演奏がいいかさっぱりわからないので、ネットで評判のいいCDを買ってみました。カール・リヒターの1958年盤とグスタフ・レオンハルトの1989年盤。どちらも3枚組です。 今日までに両方の録音を全曲通して5回くらいずつ聴きましたが、リヒターのちょっと大時代的な演奏よりも、レオンハルト盤のスッキリとした演奏の方がより好みかなっていう気がし ...